アーユルヴェーダ

探し物をしていたら
自分ファイルのなかから占星術やヒューマンデザインのチャートにまじって
英語の2枚の用紙がでてきた

脈診だけでいろんなことがわかるというアーユルヴェーダの先生から
食事などについて 以前インドで書いてもらったものだ

昨年クリスマスのケーキを食べたあたりから
胃腸の調子がいまひとつで年末年始は腹六分くらいにしておいた
ケーキを二日続けて食べたのでどうも生クリームがおもたかったらしい

先生から
あなたは肝臓が毒を排出しきれないから
食べ物の毒 感情の毒をためないようにと言われたのを覚えている

それと激しくダイナミックな動きではなく
ヨガやゆっくりとした運動が適していて
寝る前に静かな音楽をきくのもいい ということだった

食べ物に関してはすっかり忘れていたが
その用紙をみると
NO(ダメ) のところには
冷たいたべもの、飲み物
油っこいもの、重たいもの
ファストフード インスタント食品にチェックがあった

魚はOKだけど 肉はビーフとチキンにはOKチェックなし
フルーツはりんご、ぶどうはOK スイカにOKチェックがなく
スイカが好きなんです!と言ったら
少しだったらいいよ と言われたんだっけ

香辛料ではコリアンダーとジンジャーがよくて
オイルはごま油

朝はトーストしたパンに無塩のバター、チーズがOKとある

最近牛乳を少し飲んだだけで調子悪くなるので
乳製品はダメだとおもっていた

トーストしたパンでおもいだしたが
ヴァータ体質のひとはパンをトーストしすぎるらしい
私は家族から「また焦がした やきすぎるんだよ」とよく言われている

そこでヴァータ体質を調べてみると
まさに「私」だった

フルーツや生野菜が好きなので
一時期ローフードに興味を持ったが冬は火を通したものでないと
身体が冷えてしまって
やっぱり ごはんに漬物 味噌汁がほっとする

先生のチェックにも
サラダはLittle ダルがMuchになっていた

良いアドヴァイスをうけても
忘れてしまって実践しないことにはなあ

用紙には 頭にストレスがある とメモ書きしてあった
マインドが強いということだろうか

先生はほとんど私に質問せず脈診だけだった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA