問い を発すると

意識と無意識 潜在意識 といった目に見えない領域と
物質 映像としての現われとの関わりが
ここ数日 ずっと気になっていた

さらには無意識 潜在意識のなかの
インナーチャイルドの位置づけは
ヒプノシスとホ・オポノポノでは違うのか・・などなど
なぜだかわからないが このことにとらえられてしまった

なにか気になるととことん追求する姿勢が
2013年になって さらに拍車がかかってきたように感じる

気になる
というのは 誰でもない私が気になるのだから
これは 神(宇宙でも存在でもいいけれど)から私に与えられた恩寵なのではないか

少し大げさだがそんなふうにまで
あれやこれやのあとに
いま 感じている

自分の目の前に展開していく現実に
なにか気に入らないものをみつけると
この原因になったものはなんだろう と追求してしまう

私の内側が先で 現実という映像が後なら
私の内側で何が起こったのか?
私個人が原因なのだろうか?
本当に内側が先なのだろうか?
これは卵とにわとりみたいなもので相互に影響しあっているのではないか?

などなど
潜在意識とインナーチャイルドということで
ホ・オポノポノにくわしい友人に尋ね
阿頼耶識ということばをもらい
やりとりしているうちに そこからシンクロが起こり
また導かれ を繰り返し
ようやく 腑に落ちる ところにたどりついた

ホ・オポノポノとして言えば
クリーニングするためにこのことが起きている
ということである

私個人に起きていることは
すべてのひとにつながっている

すべてのひとにつながっている それ は
あるとき 私に起きて私の気を引き
誰かに起きて 誰かの気を引く

そして このことは究極的に
自分は何者か の問いにつながっていく

はあ~  (・・ため息というか深い呼吸)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA