やりたいことしかやってないから

 

今年日本での「アートセラピスト講座」前のことです。

ヘルパーチームとして前日入りする私たち
腰が不安なまま上京した私は
オーガナイザーのヴァユのところにお世話になっていました。

ずっと気をつけてきたのに
このタイミングで腰がやばくなるとは・・・
いつもながら情けなさを感じ
「準備ができるんだろうか」という状態でした。

長く自力整体のクラスをやってきているヴァユに
これまで何度たすけてもらったかわかりません。
このときも私は横になってヒーリングを受けていました。

そこに「ただいま~」と元気な声
数日前に日本入りしたミラが
打ち合わせなど友人と会うため東京の街に出かけて
夜に帰ってきました。

「いや~ 楽しかった。
 都会は楽しい。
 会って食事して
 街なかでひとりお茶したり。

 よく都会の雑踏で疲れて具合悪くなるとかいうけど
 ぜ~んぜん平気」

都会の人ごみで具合悪くなる・・・
それって私のことじゃないの

そして
「私 やりたいことしかやってないから」とミラ。

さらに
 まあ そういうわけで あなたたちはよろしくやって
 みたいなことをこちらをみてなにげに言うのです。

私としてはちょっとムッとしましたが
事実そうでした。

ミラって黒柳徹子さんみたいだなあと思いました。

黒柳徹子さんも「やりたいことしかやらない」そうです。
パワフルでちょっとぶっとんでるところが共通しています。

8日間のグループ中
まわりのひとからヒーリングしてもらい
瞑想して 絵を描いていくうちに
私はどんどん元気になっていきました。

最終日 すべての片付けが終わって広いホールを
「立つ鳥 跡を濁さずだよね~」と
モップがけしていた私に

「こっち見て!」

上を見上げると2階のスペースから
ipadで動画をうつしているではありませんか

「ヘナ みちがえたね~
 これ撮っといて
 具合悪くなったら みせるから。
 こんなに元気に動けるんだって。」

はあ~
お茶目なミラでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA