神に失恋する

DSCN2639

2月4日の朝 まだはっきり目覚めきっていないときに
いままでいた空間から
違う空間におしやられた感覚が起こった

薄い膜でおおわれていたのが
誰かが針でプシュッと穴をあけたような感じで

その日がちょうど立春だったことも関係しているかもしれない

ここのところ というか
1月中ずっとだったようにもおもえるが
作家の高橋たか子さん言うところの「神に失恋した」状態が
続いていた

私のなにかがそれを認めたがらず
うまくいっているふりを自分に対してしていたようだ
そしてその内側の失恋状態を
外側の何かでうめ 頭で納得させようとしていた

家の中でなくした針を
中は暗いから 明るい通りでさがす という寓話のように。

4日の朝 「通り」から「家」に入った感覚はあったものの

まるで試すかのようにその日私を動揺させる場が設定された

いつもはフル回転するマインドがおいついていかず
身体が疲れ果て 瞬間ヒーリングQE  というのを
自分に試していたらすごく深い眠りにはいってしまった

その夜に友人から薦められたyoutubeヴィデオをみて
同じ画面の右側にでていた知らないおじさんを
なにげにクリックしてしまった

ふだんならチラッとみて 終わりにするのが
そのスピリチュアル男性の他の動画も次々みてしまった

というのも そのクリックした場面で
自分は歯が痛いのだが 痛みを感じてただみている ということを言っていて
これが私をとらえてしまった

翌日 またこの男性の動画をさがしていたときに
エックハルトトールのこの動画に出会った

自分が「神に失恋した」状態を
エックハルトトールのこのヴィデオをみて理解した

http://www.youtube.com/watch?v=ENVcrrdVFIw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA