受け入れないものは、変えることができない

VAST STTILNESSで紹介している
「必要の幻想」と「恐れ」について  ニール・ドナルド・ウオルシュの動画をみた

とてもよかったので 急に「神との対話」の本を開いてみたくなった
① ② ③と読んでいまだに3冊とも手元においてある
手にとるのはいつも③だ

何箇所かに折り目がついていたのでそこを読んでみた

そしてこの厚い本の中で1箇所だけ
緑のペンで線がひかれているのをみつけた

「受け入れないものは、変えることができない」

そしてそのことばの前に
「何かをしっかりともつまでは、それを手放すことはできない。
何かを捨てるには、まず所有しなければならないのだよ」
という神のことばがあった

う~ん なるほど

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=pjoFWvvIaH4#!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA