1月後半の大浄化

2022年が始まり穏やかな1月の幕開け

今年の目標設定は・・

というモードが

年明け始まりの月にして

まるで年末総決算みたいな1月後半を体験した。

2月に入りようやっとその渦から抜けでた感がしている。

これって浄化?と思えるような出来事が短期間に起こり

原因を探りたい気持ちにもなったが

「塞翁が馬」 の話の如くジャッジしないことにした。

起ったことは起こったのだ

去年からオンラインでハーブと占星術を学び始め

2月に入っての講座はゲスト洋子先生の

「2022年を風水で知る」だった。

先生のお話では

2022年が本格的に始まるのは2月からで

2022年の1月は

この12年の総決算と言うではありませんか!

あ〜 そうなんだ。

2011年からの年月の過程のデコボコがこの1月で

平になったというか、たまった毒の排出、

カルマの帳尻合わせが起った?ということなのかな。

一見大変に見える出来事が私を整え

リセットに導いてくれたのかもしれない。

写真は元旦に2022年を思い引いたOSHOネオタロット

元旦?いつのこと?

もう半年くらい前のことのように感じる。

忘れていたが「judgment」のカードを引いていた。

改めて見るとなかなかのカード群だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2 COMMENTS

magical AmA

今年の君の向かうところは君自身が既に知っているでしょ(天国の門)
だから深いところで迷うことなく思った道を進んでいけばいいのさ(判断)
歩き始めると様々なところで様々なチャンスに出会えるよ(実用性)
やがてそれらの一日一日が感謝すべき日に代わっていることに気付くはず(感謝)
きっと時間を超えた永遠なる喜びが君を包んでいるから(死/けっして死ぬことのないもの)

返信する
Henna-Zizai

AmAさま

深遠なリーディングをありがとうございます。
稀有なありがたいコメントに気づいたのはきょう!でした。
このタイミングでの返信をお許しください。
いま、天からのギフトとして受け取りました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA