OSHOライフトレーニング ②創造性

OSHOライフトレーニング   2013年5月3日

 

創造性は誰の中にもある

というか宇宙は創造そのものであり
すべてのひとがそれとつながっている

自分を通して起きてくるのを許す時
自分が邪魔をしない時 それはあらわれとなる

むずかしくしているのはなんだろう

わたしたちは桜を描いた

桜とつながっているとき
わたしたちは自分の本質とつながっている

わたしたちが自分でいて自然なとき
桜になっている

そこから表現されるものは
すべて桜だ
どのような表現であろうと

それぞれが独自の音を出し
色で自分だけのダンスを踊っている

今回Meeraは一度も描き方を教えなかった
Meeraがみんなの前で描き方のデモンストレーションを
することもなかった
自然の中で ときおり桜を描いていた

夜にOSHOの講話のヴィデオとMeeraのヴィデオをみたので
Meeraがその中で描いている様子はみたが
最初 絵をかくとき ほとんど放任状態というか
まったく自由だった

自由だとひとはなにをするのだろう

何度も描いているひとは同じように描きはじめるのだろうか
はじめて描くひとはどうするのだろう
教えてくれるのを待っているのだろうか
誰かにきくのだろうか
自分なりに描くのだろうか

ひとの絵が気になったり 比較したり
おもうように描けなかったり
泣いたり
いつものパターンに落ち込んだり

花ひらいている桜たちと
ともにいることしかできない と知る瞬間
桜と自分と表現に区別がなくなっているとき

すでにあるものが
わたしたちを通して美しさをあらわす

Meeraは愛ゆえにわたしたちを放っておくが
よくみている
それは観察しているというより
自然界と波長をあわせた動物が
ここぞというときに最大の力を発揮し
わたしたちの開花を誘発する感じだ

創造性のソースとつながっているひとが
同じ空間で絵を描いているだけで
わたしたちは学ぶものがある

絵を描くというのは個人的だが
エネルギーの共鳴がそこにいる人たちの間で
知らずに起こっている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA