食べる工夫

生菜食B 二日目

ゆうべ寝床に入ってから
生玄米粉はやはり自分の唾液で
気長に食べるのがいいのではないかとおもった

きょうは11時頃にまずニンジンジュースをつくった
まだ小さな畑のニンジンが数本あったので
量は少ないが それだけにしてみた
味が濃くおいしい
きのうのスーパーのニンジンとは味覚がかなり違った

そして生玄米粉をティースプーンで一口づつ
ゆっくり食べた
玄米の甘さがかんじられる
量はやはり食べれないがきのうより食がすすんだ

その後注文していた生蜂蜜が届いたので
30グラム(・・はけっこう多い)
ゆっくり味わって食べた
ニュージーランド産のクローバー蜂蜜だった
3個セットにしたのでマヌカハニーも楽しみだ

そしてそのあとに
春菊、ニンジン葉、ほうれんそう、キャベツ
リンゴ半分にレモンと塩の青汁を
ゆっくり飲んだ
生玄米粉を食べることにきのうほどのストレスがなかったことが
うれしくてスピレンとエビオスをとるのを
すっかり忘れた

夜もこの方法で食べて
とうふが加わったが
いまやとうふは私にとってのほっとするごちそうになった

かなり匂いに敏感になってきているようだ
普通TVでCMしてるような台所洗剤の
匂いがきつすぎて
眼にもくる感じがする

いま食べたいとおもうのは
野菜の重ね煮やスープ
本だけ買って読むだけ読んで
いまだ実行していない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA