私は何担当?  ②

前回のブログから1ヶ月が経とうとしている・・・
その間のできごとは次回UPするとして①から②の続きをかきたいとおもう

そう具合が悪くてベッドに寝ていた時のことだ
扉が風もないのに開いて 誰かが入って来た気配がした

いつもなら自分の頭にそこでストップをかけるのだが
力がぬけていたのでそのまま自分の感覚に起こることを許して
遊んでみることにした

「あなたはだあれ?」
返事はなかったが怖い感じはしない
自分に親しい存在のようだ

親族かしら  「ご先祖さま?」と問いかけようとしたとき
それは自分だとわかった

幼い頃の自分・・というよりは
幼い頃に仲良くしていた自分

そうだそうだ このひとは不思議や謎が大好きで
いつも想像と創造の世界にイキイキと生きていた

すると突然
「色 即 是 空       空 即 是 色

そんなことは知っている

色を生きるために来たんだ」という声

はあ?誰の声?
私のハラあたりからわいてきた感じだったけど
どの私かな
いま病気だからね

ああ ずいぶんとなつかしいなあ
このひとと親しくするの忘れてた
かかわっても  遠慮がちだった

私 この子と大の仲良しなの  ってみんなに言えないような感覚

この子と仲良しじゃない私なんてありえないのに
この子も私だから

全部の私 発動 を許すぞ

そのほうがおもしろいし
自由度が高い

ということは  私の担当は
なんでもあり

そう なんでもあり担当

はあ~
そうおもったら具合悪いながらもほっとした

これまでは 「これ」とおもうととことんで バランスが悪かったな
でも とことんおもいきり でもいいよ
かる~く でもいいよ

なんでもあり なんだから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA