自然治癒力とレイキ

      2013,12,08

11月末から12月にかけての1週間ほど
身体がたいへんだった

具体的には口内炎と食道あるいは胃の炎症

口内炎は歯の治療が大きな原因のひとつだが
食事療法後あれこれ食べたいものめじろおしで
徐々にではなく一気にもとにもどしたことも要因だとおもう

大きな口内炎が二つ右側ほっぺ内側にできて
一時期 口をあけるのもつらく
おまけに寒さとかさなって身体がこわばって頭痛

もうひとつは鍋ものの豆腐
もうもう 熱いのなんのって これまで最高の熱さ
すぐ水は飲んだけど 食い意地がはって
その後も食べ続けたのがよくなかったのかも

翌日から食べ物が通るたびみぞおちの上あたりが苦しくなり
熱い飲み物がダメになった
かなりさましてからでも違和感があった

ヤケドをしたんだろう
そのうちなおるかな とおもっていたが
4日ほど経っても重苦しくだんだん心配になってきた

ネットで検索すると私と同じく熱い豆腐でたいへんだったひとがいて
そのひとは気を失うくらいだったらしい
でもいつのまにかなおったということでちょっと安心した

口内炎はうがい薬でうがい殺菌するのが一番よいらしいことを
これまたネットで調べてやってみた

どちらも唾液とかで自然になおるものなのだろうけど
ピークの時はほんとつらかった
それもほぼ同時に起こり
どちらも食べ物拒否状態

医者に行くことを考えながらも
自分の身体は自分で癒せる
そういうことに決めた

スピリチュアルTV とくにテディさんの金鶏塾にはまっているが
テディさんにインタビューしていた地球ひろしさんが
ふとうかんで「レイキ」について語っているヴィデオをクリックした

いまはリコネクションとか
マトリックエネジェティックス、QE など
新しいヒーリングがでてきて「レイキ」が古典のように
感じられていた今日この頃

インドのOSHOコミューンで
私はネオレイキ Ⅰ、Ⅱのアチューメントをうけている

すっごく手から気がでているときと
そうでないときと私の場合ムラがあるように感じていた
たぶん気持ちのノリだとおもうが
このところは全然通ってない感じだった

地球ひろしさんの話がとてもタイムリーで
やり方の復習と
なんと長く使ってないときの再発動のしかたまで
ていねいにおしえてくれたのだった!

初日はいまひとつの感覚だったが
とにかく自分の身体にレイキし続けた

すると翌朝 治癒力がグーンと働いているのを感じ
その後手からジンジンくるのが強くなった

地球ひろしさんは鞍馬山に60数回登っているらしい
私はだいぶ前だが友人のご縁で京都に行き
一度ひとりで行ったことがある

口内炎と熱い豆腐での炎症が重なったときは
食事療法のあとにこんなになるなんて と
自分の不注意をなげいたが

結局 自分が持っているすばらしい宝をおもいだすことになった

宝も使わないと
宝の持ち腐れ っていうことばがあるくらいだからね

http://www.youtube.com/watch?v=OKrI2EBNKGU

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA